本文へスキップ

くまもとライフボートは、熊本県で15番目に発足したNPO法人です

TEL. 096-235-6229

〒862-0941 熊本市中央区出水5丁目11番38号

活動報告CONTACT US

■ 去る、10月26日(土)18:00~21:00、熊本県青年会館 ユースピア熊本にて今年度最後となる、「第3回 有識者集合座談会」を実施しました。

参加は、熊本博物館:清水 学芸員・熊本市動植物園:松崎 資料館館長・熊本大学:伊藤 博士・熊本市環境共生課:田上 主幹の有識者に加え環境省九州環境パートナーシップオフィス( EPO九州)澤 コーディネーターによる進行で、弊NPOの役員や会員も参加して、貴重なご意見を伺い3回のまとめを盛況のうちに終了しました。

今回もNPO関係者のみで実施しました。

また、頂きました貴重なご意見は、今後の活動に反映させていく所存です。



■イベント
 去る、11月1日(金)・2日(土)3日(日)の3日間、10:00~17:00まで、東海大学 熊本キャンパス(熊本市中央区渡鹿9-1-1)の新1号館  地下N1B05 教室にて、東海大学 学園祭(欅(けやき)祭(さい))が開催されました。

 弊NPOはその学園祭で、江津湖地域における生態系の保護活動に関するイベントを、東海大学 基盤工学部 医療福祉工学科 木村研究室の学生さんたちとコラボ出展し、約600人もの来場者がありました。

イベントの様子

■ 会員報告
  弊NPOの坂上会員から外来魚の捕獲活動報告が届きました。
去る、11月10日(日)・30日(土)にばってんの湯付近の側溝で外来魚の捕獲活動を実施されました。

ナイルテラピアを中心に雷魚なども捕獲されました。

捕獲された外来魚

■ NPO法人 くまもとライフボート 創立20周年式典
 去る、11月15日(金)18:30~20:30に、水道町のメルパルク熊本にて、「NPO法人 くまもとライフボート 創立20周年式典」を開催致しました。ご来場いただきました皆様、有難う御座いました。

創立20周年記念式典の様子

■ 去る、11月16日(土)・17日(日)9:00~17:00に、熊本市動植物園にて、イベントの「KUMAMOTOサプライZOO」が開催されました。

中央ステージでは、弊NPOも11月16日(土)・17日(日)の両日、外来魚のタッチプールや江津湖の外来魚・生態系に関するポスターなどを展示し、17日(日)11:30~12:00まで、同ステージで「江津湖の外来魚問題に関して」と題し、弊NPO事務局長の鶴長理事が講演を行いました。

  おかげさまで、1,300人を超える皆様にご来場いただきました。

KUMAMOTOサプライZOOの様子

■ 去る、12月5日(木)・6日(金)・7日(土)に東京ビッグサイトで、「エコプロ2019」が開催されました。

独立行政法人 環境再生保全機構のブースにて、弊NPO事務局長の鶴長理事が3年間の活動内容の発表を行いました。

エコプロ2019の様子

■ 阿蘇地域振興記念植樹
去る、12月8日(日)に阿蘇の永草地区で、「阿蘇地域振興記念植樹」が開催されました。一社)地域共生・資源活用協会様にて行う、阿蘇地域振興記念植樹にNPO法人 くまもとライフボートも協賛として参加させていただき、NHKの夕方の番組でも放映されました。

■ 第3回 有識者集合 座談会の開催 (NPO内部出席者のみ)
開催日時:2019年10月26日(土)18:00~21:00頃まで 
開催場所:熊本県青年会館 ユースピア熊本 101号室
参加予定有識者:熊本市環境共生課:田上主幹 様
熊本市動植物園:松崎 館長 様
熊本博物館:清水 学芸員 様
熊本大学助教:伊藤 博士 様 
EPO九州:澤 コーディネーター 様
討議内容:「出されたアイデアの選定~決定」

■ 去る、10月5日(土)大井手川にて生態系の保護のための捕獲・調査活動と外来魚の天ぷらの試食会を参加者39人で実施しました。

捕獲・調査の成果は、合計271匹で、外来魚はナイルテラピアが119匹・コイ:2匹の合計:121匹、在来魚はフナ:67匹・オイカワ:64匹・ドブガイ:1匹・ウグイ:12匹・ワタカ:2匹・ハス:1匹・ドジョウ:1匹・テナガエビ:1匹・モエビ:1匹の、合計:150匹で、在来魚は調査後全てリリースしました。

詳細は、左タブの「今年度の河川・捕獲調査報告書」のページの「2019年度第3回外来魚捕獲活動の報告書(捕獲魚サイズ表・データ表添付あり)」をご参照ください。


              捕獲や調理などの様子です

■ 同日の18時からは熊本県青年会館 ユースピア熊本306号室で、熊本博物館の清水 学芸員様を講師に迎え、「江津湖の在来種と外来種その現状」というお題目で勉強会を開催しました。




 ■ 去る、9月14日(木)に、第2回有識者集合座談会を熊本県青年会館ユースピア熊本203号室にて実施しました。 (NPO内部出席者のみ)参加有識者は、熊本市環境共生課:田上主幹様、熊本市動植物園:松崎 館長 様、東海大学名誉教授:椛田 博士 様、熊本大学助教:伊藤 博士 様 EPO九州:澤 コーディネーター 様で、討議内容は「テーマに対してのワークシートを使ったアイデア抽出」で、予定時間を遥かにオーバーして白熱した議論を頂きました。




■ 去る、9月5日(木)9:30~11:30に、ばってんの湯 東バイパス側側溝にて、熊本大学 大学院 先端科学研究部と協働で、「外来魚へのマイクロプラスチック汚染調査」のための外来魚捕獲活動を実施しました。

捕獲結果は、総数:41匹の在来魚:0匹・外来魚:41匹でした。
詳細は左タブの、「今年度の河川・捕獲調査報告書」をご参照下さい。また、「外来魚へのマイクロプラスチック汚染状況」は、現在熊本大学で進められている調査が完了次第、この場でお知らせ出来ると思います。




■ 去る、9月5日(木)と、9月9日(月)に、ばってんの湯 東バイパス側の側溝と、以前の活動場所である無田川・江津湖湖畔の河川調査を実施しました。

詳細は、左タブの、「今年度の調査活動報告書」のページの第3回と4回の河川調査報告書をご参照下さい。

■ 去る、7月27日(土)18:00~20:00、熊本県青年会館 ユースピア熊本にて、「第1回 有識者集合座談会」を実施しました。

東海大学:椛田 博士・熊本市動植物園:松崎 資料館館長・熊本大学:伊藤 博士・熊本市環境共生課:田上 主幹の有識者に加え環境省九州環境パートナーシップオフィス( EPO九州)澤 コーディネーターによる進行で、貴重なご意見を伺い盛況のうちに終了しました。

今回はNPO関係者のみで実施しました。




■ 去る、6月29日(土)18:00~20:00に、第1回 勉強会を実施しました。

熊本市 環境局 環境推進部 環境共生課 自然保護班 技術主幹兼主査 田上 真吾 様 を講師に迎え、「熊本市生物多様性戦略 〜いきもん つながる くまもとCプラン〜 について」と題し、ご講演をいただき盛況のうちに終了しました。

出席者は、NPO関係・熊本大学・YMCA熊本水前寺ワイズメンズクラブ・活動参加経験一般ボランティアの皆様など計17名でした。



■ 去る、2019年5月19日(日)10:00~12:00に、大井手川水門付近にて外来魚捕獲駆除活動を実施しました。

参加人数は、熊本市環境共生課 様・崇城大学(SIN)様・NPOで、総勢14名でした。

結果は、総数:50匹の、在来魚(フナなど):50匹で後にリリース、外来魚(テラピア):30匹(内、マウスブリーディング:11匹)でした。

捕獲の様子 捕獲した外来魚 マウスブリーディングの様子




バナースペース

特定非営利活動法人
くまもとライフボート

〒862-0941
熊本市中央区出水5丁目11番38号

TEL 096-235-6229
FAX 096-366-3730

就労継続支援A型施設
エントリィかしま

〒861-3103
熊本県上益城郡嘉島町井寺2973

TEL 096-235-6229
FAX 096-235-6223